7月17日の崎浜漁港


7月17日は大船渡市崎浜漁港にて、港湾内のガレキ回収チャリティダイブを行いました。

この港も津波の被害を受けておりました。
ガレキの回収は、三陸ボランティアダイバーズのメンバーの方達が水中でガレキにロープを括り付け、私たち参加者は陸上でガレキの引き上げ作業を行いました。
引き上げる時は目一杯の力で引き上げるので、万が一ロープがダイバーに引っかかったら大変なことです。十分に注意を払って作業を行わないといけないので緊張します。
午前中に回収できたガレキの画像はコチラです。

何度かサルベージ船が入り大きめのガレキの回収は行ったそうですが、実際に水中に入り、まだ継続してガレキの回収が必要だと感じました。
港ということもあり、ガレキの中には漁関係の物が目立ちました。金属製のカゴや水中ポンプのようなもの、そして大漁旗など。

海中は透明度は低かったのですが、ここでも色々な命が生活の場を築いておりました。

以下、潜水の記録です。
水温は約18度。最大深度は5m。透明度は最大3m。

確認できた生物は以下のとおり。

  • カニ
  • ヒトデ
  • アナハゼ
  • ホタテ
  • ヤドカリ
  • カサゴっぽいの
  • 正体不明(かわいいの)

ホタテは中身が入っているのも。どうやら養殖のカゴから出てきていたようです。

水中写真を撮りましたが、レンズが曇ってぼやけた感じになってしまいました。
残念な感じですが折角なので載せておきます。
見づらいけどお許しください。

ハゼまたはカジカ@崎浜漁港ハゼまたはカジカ

カニ@崎浜漁港カニ

カサゴっぽいの@崎浜漁港カサゴっぽいの

正体不明@崎浜漁港正体不明(かわいいの)

ホタテ@崎浜漁港ホタテ

漁師さんに挨拶をしたら「ありがとうございます。非常に助かります。」というお言葉を頂きました。
些細なことしかできませんでしたが、お手伝いできたことが嬉しかったです。
少しでも早く元の生活に戻れますように!

kingGorilla の紹介

1970年代生まれ。サーファー。ビール大好き。システム屋。 Born in the 1970s. Surfer, Beer lover, System Engineer.
カテゴリー: ダイビング   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*