サーフボードの水抜き


サーフボードの水抜き

サーフボードに傷ができ、穴から水が入っているのにしばらく気づかなかった。凹む。。

少しの傷ならワックスを押し込んで続けるのだけど、今回の傷は大きめだし、そもそも浸水しているのは明らか。
それにしても何時やってしまったんだろ?インサイドのビギナーにぶつかりそうになった時なのか、不明。

家に帰って傷口を開いてウレタンを押すと水がジワリ。かなり水が入っているっぽい(:_;)
水抜きのリペアが必要なのは明らか。早く助けてあげないと。

以下、自分流の水抜き手順。

  1. 傷口を開く
  2. ティッシュペーパーをウレタンに押し付けて水を吸わせる
  3. たくさん浸水してたら口でチューチュー水を吸う
  4. 乾燥剤(シリカゲル)を傷口に密着させ、ビニールで覆い、テーブで密封する。
    ※上の画像の状態
  5. 傷口を下にして放置する(数日)

シリカゲルを使うところがポイント。薬局の乾燥剤コーナーで売っているのを使います。
これでほとんどの水気は除去できているに違いない、そう信じております。

ちなみに、シリカゲルには透明な玉と一緒に青色の玉が入ってますが、シリカゲルの再利用に電子レンジを使う場合は注意が必要のようです。
「ピンクになったら取り替え」と交換時期の目安としてこの青い玉が使われてますが、塩化コバルトを使っているので、加熱すると有毒ガスが出るみたい。

  • 塩化コバルト – 国際化学物質安全性カード by 国立医薬品食品衛生研究所

みなさま、青い玉は除けて電子レンジ使うなり、再利用しないなり、気をつけましょう(・o・)

Image of なんでも除湿シリカゲル 10g*20入なんでも除湿シリカゲル(Amazon adv.)

kingGorilla の紹介

1970年代生まれ。サーファー。ビール大好き。システム屋。 Born in the 1970s. Surfer, Beer lover, System Engineer.
カテゴリー: サーフィン   タグ: , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*